トップ画像15

This Category : 一花のこと(2歳0ヶ月)

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2009.09.30 *Wed

40.6℃

・・・これほど高い数値を

記憶にある限りでは

初めて見ました。




40℃を越えたところで

異次元にでも迷い込んだような気分で、

何の数値を眺めているのだか

分からなくなってしまいそうでした。




予定通り かかりつけの午前診療に行ったものの、

夕方には40℃越え。




お粥はおろか、水分さえ戻してしまう状態に戸惑い、

迷った揚句、 少し遠くの小児科専門病院の

夜間診療に行ってきました。

鼻タレ真花は ご近所のママ友さん宅に

預かっていただいて。




午前の診察で インフルエンザは陰性でしたが、

発症までの 検査のタイミングが 微妙であることや、

症状を考えると、陽性である可能性も

打ち消し切れない ということで、

再度 インフル検査。




結果 陰性。

今度こそ 文句なしで。




とにかく 水分を摂らせること。




寝る前に座薬を使ってあげると いいということ。




今の状態だとまた吐いてしまうだろうけど、

薬は体が回復しようとするのを 後押しするぐらいのものだから、

私が焦ってしまわないこと。




喉は確かに赤いものの、

心音も正常だし、熱はじきに下がるから、

今は その時毎に 出来る限りのことをしてあげて、

症状と向き合っていくしかないのだということ。




そんなアドバイスを受け、帰ってきました。




新たに薬が処方されたわけでも、

病名が付いたわけでも 何でもないのだけれど、

その言葉には すごい説得力があって。

いちよりもむしろ 私の方が落ち着いた気がします。




いちが薬を飲めるよう チャレンジしつつ、

後は いち自身の回復力を信じて

一秒でも早く 熱が下がってくれるよう

ただただ 祈るばかりです。
スポンサーサイト

2009.09.29 *Tue

39.6℃

こう立て続けにだと

正直 私の方まで凹みます。。。




今日も 日中 日曜日に行けなかった食料品の買い物に

いちとまのをつき合わせてしまったのだけれど

それがいけなかったのかなぁ・・・ とか。。。




鼻水が続いていた段階で

大事にしていれば大丈夫と言いつつ

病院に行っておくべきだったのかも・・・ とか。。。




先のシルバーウィークに連れまわし過ぎたのが

原因かもしれない・・・ とか。。。




寝相が強烈に悪い娘たちに

夜中に必死でお布団をかけてあげているつもりだったけど、

もっと神経を使うべきだったんじゃないか・・・ とか。。。




夕方までは そこそこ元気だったのです。

お昼を跨いで 買い物に出かけてしまったため、

車中で うつらうつらの居眠り程度にしか

お昼寝ナシなのが 気にはなったけれど。




でも、夕方のけめおの散歩に 私が出るあたりから

明らかに様子が変だった。。。

おめめがウルウルしちゃってて。

だらーんとゴロゴロしちゃってて。

それでも寝付けないことでの気だるさから

来ているのかな・・・ なんて 

私は ちょこっと思おうとしてみたりで。

この10日ほど前に 熱なら出したばかりだし。




けめおの散歩から戻って、

まのにウトウトを妨害されながら

やたら けたたましく泣き声を発する いちの様子に

さすがに変だぞと思って おでこを触ると

それはそれは熱くって。

計ると 39.6℃。

計りながら 体温計の数値を目で追う

私の方が 沸騰しそう。




とりあえず この前処方された熱の薬と

38.5℃以上で使う解熱剤が残っていたので

それを大好物のヨーグルトに混ぜて飲ませるも、

ようやく飲ませ終えたー と思った瞬間

全量 吐き戻されてしまいました。。。




あとは 脇に冷えピタを気休めにも貼って

寝かせるしかなくなり、

PM.6:30前に寝室へ。

そしてPM.8:30 弱弱しい泣き声と共に

シーツが頭の形に湿る程の汗をかいて お目覚め。




ひとまず 着替えさせて ビーンスタークのポカリスエットを飲ませ、

まのの次のミルク時間(9:30)を待って 

本格的に就寝してもらうつもりですが、

落ち着いたところで 妙なハイテンション&機嫌よさげ顔。

・・・わたし的には 今日の夜中が怖いような気持ちです。。。




0時過ぎに目を覚まし

まだ高熱があるようなら

秘密兵器の 座薬を。

熱がどうあれ

明日は朝一で 小児科に連れて行くつもりです。

2009.09.18 *Fri

いちの発熱 その後

熱がどのくらいかは

おでこや体を触ってみればわかるもので・・・




朝起きた時には

いちの熱は 平熱の範囲内に収まり、

昨日は浮腫んでいたお顔も

かなりスッキリした様子♪

熱は下がり 鼻のグズグズが残ったかんじです。




どうにか 再受診は免れました。





ただ 今日1日は

熱があった昨日よりも 余程手ごわい

何かと泣き通しな1日で。




熱が高くても 子どもって

意外と普通に部屋で遊んでいられるけど、

お鼻がグズグズと苦しい時には

ご機嫌もグズグズ。。。 そんな気がします。




ちょっとでも 自分の思い通りに行かないと

ひっくり返って 泣く 泣く 泣く。

もう 機嫌悪さ 全開で。

そんなに泣いては

せっかく下がった熱が復活してしまうのではないかと

こちらの方が気が気ではありませんでした。




ところで

気になるのは

1つ屋根の下で 寝起きを共にする

まのに うつってしまうのではないかということ。




私も 初めは かなり神経を使っていたのですが、

隔離できるわけじゃないし。

気を配っているそばから

まのは 楽しそうに

いちの飲んだ ストローマグの飲み口をくわえているし。。。(泣)




そうなると もう なるようにしかならないと。

とにかく私は 目の前に起こることを

全力でこなしていくだけだ! と。

そんな腹の据わった気持ちになっていたのですが・・・




開き直ってしまうのが 幸いを呼ぶのか、

まのの底力によるものなのか、、

病気菌とベッタリ一緒にいた にも関わらず

まのは 無事☆

若干 お鼻がぐすぐす気味ですが、

大事にしてあげていれば 悪化せずに済みそう♪




意外と早くに快方に向かってくれた いち と

うつらずに済ませてくれた まの に、

私の方が 救われた気分です。

2009.09.17 *Thu

急な発熱

そもそも 

じわりじわりと上がっていく熱というのも どうなの? って感じですが、、

いち・・・

急な発熱です。




遡ること昨日の就寝時。

いつものように あっさり眠りに就いてくれた娘たち。

ただ、私の方がなかなか寝付けなかったので、

珍しく、 自分の時間を楽しもうと寝室を出たんです。



すると、

PCを立ち上げた途端 いちの泣き声。

いちがいつもスムーズに眠ってくれるのは、

私が隣にいることに 安心しているからなのね♪ なんて

やや気をよくして、自由時間を諦め やはり横になることにしたんです。

その時はすぐに いちも寝てくれて。




その後、日付が変わった深夜2時半・・・

私がちゃんと横にいるというのに

それはそれは 尋常じゃない程に いちが再び泣き出して。




初めは 最近何かとゴネ傾向にある いちが

またグズグズ言っているのかと思った。

だから  寝ぼけ状態の私は

「もぉー いい加減にしなさいよぉ。」なんて 非情にも言ってしまった(大いに反省。。)




それでも 泣き止むどころか 泣き声は加速する一方。

まのに起きられてはたまらん と

1Fに緊急避難をしようと いちを抱き上げたその瞬間

・・・ 明らかに 熱い。

大慌てで 熱を計ると 38.6℃。




とりあえず しばしの抱っこ と

脇の下への冷えピタ。

それから 常備してあった ポカリスエットを飲ませて

落ち着いたところで 就寝。。。




朝になっても 熱は下がらず。

連休も近いこともあるし、とにかく心配で

かかりつけの小児科へ。

インフルエンザかどうかは 1,2日経たないと検査できないとのこと。

とりあえず、お薬を処方していただき、

翌朝まで38℃台の熱が続くようなら

明日また来るように言われ 帰宅。




幸い 食欲はあったものの

今日はは1日中 38℃前半の熱が続いた状態。。。

たっぷりできたお昼寝の効果で

明日の朝には 熱が下がっているといいのだけれど。。。

2009.09.12 *Sat

こちらぁ・・・

いちとシャボン玉




決してお喋りが早い方ではない様子のいち。

相変わらず 限られた単語を

どうにか駆使して 意思伝達する

2歳0ヶ月の今日この頃。。。




「ぶうちゃん いたーぁ♪」

「ママ どこーぉ?」

その程度の2語文なら話せるけど

まだまだ何かと事欠くレベルです。




おととい 公園にて




そんな いちの口に

このところ 恐ろしいほどの頻度で上るのが

「これーぇ」




絵本を持ってきては

片っ端から指をさして 「これーぇ」

食事中にも 部屋中のありとあらゆるものを指さして 「これーぇ」

テレビに映るものに対しても 「これーぇ」

物に限らず、

まのや けめおを指さしては 「これーぇ」

・・・ (Θ_Θ;) 




「これーぇ」 と言われるたびに

それはね・・・

「うーたん」 「ことちゃん」 「お花」 「電気」 「はっぱ」 「にゃーにゃ」

「くまさん」 「ママの髪の毛」 「いちのおめめ」 「まのちゃん」 「けめちゃんのお皿」etc.etc..

延々ずーーーっと 答えさせられます。




答えてあげるのは簡単なのだけれど、

おいおい、いちは 自分で言う気ないの?? と

それが 私の本音。

情報を蓄えているところなのかも知れないけれど、

これだけ言ったんだから

そろそろ実践で使ってみる気はない?? と。




いちのお外遊びに付き合わされた 寝起きのまの




何と説明すればいいのか 微妙なものにまで

指さしの手は 及びます。




いちは どういうわけか

教育TVの 「学ぶ冒険」 って

着ぐるみの脳のコマーシャルが 大好きで。




あの脳が現れるたびに飛びついて

嬉々として指さしては 「これーぇ」。

「あぁ、これね。」 「うん、そうね。」 なんて

適当な返事をした日には

鋭く見抜いて 怒り出すので

私は ちゃんと 答えてあげなくては ならない。




で、どう言えば いいのか分からず

もうそのままズバリで

「それはね・・・ 脳みそ!」 と 答えてみた私。




そうしたら いちは

それはそれは もっともらしいイントネーションで

「ふぅ~ん」。

なるほどねぇ。。。 これがねぇ。。。 みたいな調子で。


・・・(Θ_Θ;)




おうちに帰りたくない ダダコネいち




さすがに 毎度毎度 そう悠長に

いちの これこれ攻撃に付き合ってあげられる程

暇ではない 私。




時には

あまりの忙しさと いちのしつこさに

「『これーぇ』なんてものは世の中には1つもないの!」 などと

大人気なく 言ってしまうこともあるのですが、

先日のそんな折、

それを聞いたいちは

むしろ 言われる前以上に

「これーぇ」 「これーぇ」 を連発。




「これーぇ」

「これーぇ」

「こっちーぃ」

「これーぇ」

(だんだんベソかき声で)

「これーぇ」

「こっちーぃ」

「こちらぁ・・・」




・・・。

「こちら」?? ・・・(゚ロ゚ノ)ノ




たどたどしい外国人のような口ぶりで

教えた覚えもない 「こちら」という言葉を使われて、

私の方は 忙しさも忘れて 大爆笑。

「こちらぁ・・・」とか 言われちゃったら、

もう相手にしてあげるしかありません。




たぶん 偶然 口をついた言葉なのでしょうが、

いちの あの抑揚で

あの「こちらぁ・・・」が

できればもう一度聞きたい 私です。




あっ いい物 みっけ♪


*** admin ** NewEntry ***

プロフィール

そよ子

Author:そよ子
2007年9月生まれの一花(いち)と
2008年10月生まれの真花(まの)
年子姉妹の子育て真っ只中。
それぞれがどんな子に育って
くれるのかを楽しみに
頑張っています。
娘たちのこと、主人のこと、
私自身のこと、
楽しく綴っていきたいと思います。



訪問してくれた皆さんへ

●当ブログの全ての写真画像や動画を 全部、一部を問わず無断で複写、 転載することは禁止させていただきます。 ●現在、皆さんからのコメントにお返事が まったくできておりません。 ごめんなさいm(_ _)m いつも大変嬉しく読ませていただき、 私の活力の源にしています。 当面の間、こちらからは皆さんの日記への 訪問、応援のみの身勝手をお許しください。 年子育児が軌道に乗り次第、 改めていけたらと思います。 ご理解をくださいますよう、 よろしくお願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



オンラインカウンター

ご訪問 ありがとうございます♪

現在の閲覧者数:



エディタ

edita.jp【エディタ】



フリーエリア

クリックで救える命がある。









ブロとも申請フォーム

申請 お待ちしております!

この人とブロともになる



QRコード

QR



一花&真花はね・・・





真花の成長



一花のスライドショー



一花のアルバム



けめおのアルバム



記念日チェッカー

Lilypie - Personal pictureLilypie Kids Birthday tickers Lilypie - Personal pictureLilypie Fifth Birthday tickers Daisypath Anniversary tickers Lilypie Kids Birthday tickers Lilypie Kids Birthday tickers



グリムス



Blog Album



Copyright © only one flowers All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
      
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

パパとママのたからもの☆ by SOYOKOさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー