トップ画像15
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2012.03.24 *Sat

How sensitive she is !

いちが 大好きな年少クラスの先生とお別れして 約1週間。

終了式の日に 来年度のクラスと担任が発表されました。

いちは そこでも泣いてきたそうなのですが、

やっぱり いまだに 

3日に1回ぐらいの割合で 泣くんです。

決まって 夜 ベッドに寝転んでいるとき。

これから 寝る っていうのに

感極まって 号泣。

そして 1時間半後に 激しく夜泣き。

今夜も 泣かれました。

まいった。。。



  
一昨日の公園での いち




今日は 突如こんな風に 言い出したのです。

「いち まーちゃんのことは もう わすれた。」

「○○せんせいのことも もう わすれちゃった。」




突然 何を言い出すのかと思えば

こんな 捨て鉢な台詞。




まーちゃんは すぐ近所に住んでいるのだから

いつだって 会えるのだということ。

先生だって 幼稚園を辞めたわけじゃないんだから

お庭や みんなで集まるときには ちゃんと会えるのだということ。

私ってば まともに 語ってちゃったんです。

そしたら いちが わーっと 泣き出してしまって。




きっと いちには 

そんなこと 言われなくたって とっくに分かっていたこと。

それでも 悲しくって 悲しくって 仕方がないから

忘れる作戦に 出てみたところだったのでしょう。




4歳の 私の娘は

その 小さな心と 体で

こちらが ビックリするぐらい 

たくさんのことを 感じて 考えているのですね。

そう思ったら

何だか すごく 衝撃でした。

私が4歳のときって こんなに 別れに敏感だっただろうか。

ただ 流れに身を任せるばかりで

なーんにも 考えてなかった気がするのは 気のせい?




一昨日の公園での いち その2




いちが 心底 慕っている先生は

予想に反して 年中クラスへ 持ち上がり。

ただ いちとは 異なるクラスの 担任になられました。

いちが 初めて作った お友達のまーちゃんも

いちとは 異なるクラスへ。

いちにとっては 過酷なことに

まーちゃんのクラスの 担任の先生が

大好きな 年少時の担任の先生。。。




それはそれは 悲しそうに泣くのです。

こみ上げてくる悲しみに 全身を震わせて。

これほど悲しむ わが子の姿を見るのは

母としては ほんとうに つらくて、

泣き顔を見ていると こっちが泣けてくる。

どうにか してあげられることなら

してあげたい。

でも これは ムリ。。。




4歳にして味わう 別れ。

いちにとっては 初めてとも言える 

大きな試練なのかも しれません。

私には 応援しながら 見守ることしかできないんだけど。。。

負けるな いち!

乗り越えて 強くなれ!




ここを乗り越えると グンと成長をしてみせてくれそうですが、

それには まだまだ 時間がかかりそうです。




一昨日の公園での いち その3




それにしても 

いちは 何かにつけ 恐ろしく 繊細ちゃんだなぁ。。。

私に ちゃんと 育ててあげられるのかしら と

心細くなってしまいそうな 今年の春です。
スポンサーサイト

2012.03.14 *Wed

切ないカウントダウン

最近の自宅でのいち その1




昨夜

さあ眠ろう というときに ベッドの中で

いちが わんわん泣いたんです。

「きょう いってきたから

うめ3くみさん あと 4 になっちゃった。

3いって 2おやすみして 1いったら

ぜろになっちゃう。」 って。




実は 昨年末に

春になったら クラスが変わって

先生も変わって・・・ なんて 

話したことがあったんだけど、

そのときは

やっぱり 寝る前のベッドで

いちは シクシクと泣き出しちゃって。

「いち ○○せんせい(担任の先生)とおわかれするの ヤだぁ。。。

まーちゃん(我が家の近所に住んでいるクラスも同じの仲良しさん)とおわかれするの ヤだぁ。。。」って

大粒なみだをボロボロとこぼしながら。




最近の自宅でのいち その2




入園の頃に ここでも触れたことがありますが

いちの 担任の先生というのは

23歳の

新卒の

男の先生。

それはそれは若い お兄ちゃん先生です。

最初は私も 不安だったもしたんだけど、

それが 大当たりで。

いちに 大ヒット。

いちは この先生のことが 大好きなんです。

食べ物の好き嫌いも

かなり ストライクゾーンの狭い娘 いち。

お友達作りにも けっこう保守的。

で、

ロックオン状態のお友達まーちゃん以上に

いちが くっついて歩いているのが この担任の先生だったりするんです。

自由あそびの時間には とにかく先生にべったり。

お庭で遊んでいる時には

先生の足を(腕を組むみたいに)つかまえて歩いているんだそうで。




先日行われた個人面談のときに

先生に 相当まとわり付いているらしいということ を聞いたので

家で

「いちは どうして ○○先生と いつもいっしょにいるの?」と

素朴な疑問を投げかけてみると

「いちは ○○せんせいがだいすきだから

くっつきたくなっちゃうんだもん。」と 言うほどに。




2月上旬の作品展にて




社会生活で 最初に出会った“先生”を

これほど 純粋に 大好きになれた いちは

とても 幸せだと思う。

と 同時に

指折り 残された日数を数える いち

大好きな先生や お友達との別れを 心から悲しむ いち が

ものすごーーーく切ない。

こんなとき

懸命に 言葉を探して いちを励ましたりするんだけど、

母は やっぱり 無力なのです。。。(ノ_・。)




いちが こんなに大好きだった先生への お別れ会の

幹事に名乗り出て

ちょっとでも 感動してもらえて

子ども達との 最後の直の交流を ふんだんに演出するとか、

いちが これだけ大好きだった先生へのメッセージカードを

いちの気持ちをたっぷり込めて仕上げるとか、

そんなことしか

今 私にはできないんだけど。




大丈夫かな・・・ いちは。

ちゃんと 残りの時間を 十二分に楽しんで

笑って(・・・ムリか?) お別れできるかな。

私ってば もう 心配で 心配で 仕方ありません。




我が家の娘たち近影

2011.10.20 *Thu

まの 3歳の誕生日に寄せて

まの 3歳の誕生日 昼食風景


真花を見ていると

天真爛漫 っていうのは

こういうことを言うんだろうな

と 常々 思うのです。




基本 いつでも ニコニコ上機嫌で

とにかく 人懐っこくて

とても 陽気で 朗らかで

まだ小さいくせに 

ちょっとしたところで 分かりやすく優しくて。




3本のローソクは初めて自力で消せたね♪




振り返ってみれば

イヤイヤ全盛 魔の2歳児 なんかじゃ

ちっともなかった。

いい子です。 この子。

私の娘には もったいないくらいに。




自分で消せて ちょっと満足気な表情




まのは

ものすごーく よく喋ります。

比べるのもなんだけど、

3歳に入って お喋りがぐんと伸びた いちに対して

2歳のまのは 一丁前な会話で 喋り倒してたもの。

とにかく喋って喋って喋って

聞かないと

バカでかい声で 聞くまで 同じところをリピート。

夜 ベッドの上で 眠りに落ちる その瞬間まで喋って

到底 寝る気とは思えないほど うるさいので

「今日のお喋りはもうおしまい!」と たしなめると

「いやだー!まのちゃんもっとお喋りしたいんだもん!!」と 返してくる。




3歳の誕生日当日には

「いちー まのに『お誕生日おめでとう』って言って~」と

いちに うるさがられるほど 朝から迫り、

幼稚園バスの 朝のお見送り場所では

私を除いた 14人のママ達全員に

今日が 自分の誕生日であることを コマーシャルしまくり

ひとり余すことなく みんなから 

祝賀の言葉を 頂戴するありさま。




毎日のお風呂Timeには

浴槽はステージなのか? と思わされるほどに

自作の歌を 身振り手振り付きで

それはそれは 大音量・大熱唱。

その歌は たいてい

「みーなーさーん~」 もしくは

「みんな・みんな・みんな・みんな~」

で 始まる。




いちの保育参観に 連れて行けば、

外遊びのタイミングで

必ず 年少さんの中に 混ざっている。

ふと目を離すと

普通に 遊び道具の 三輪車の後部座席に 座っちゃって

面識のなかったお友達に 漕がせているし。

かと 思えば、

幼稚園生同士のトラブルから

数歩先に 泣き出した年少さんを 見つければ

滑らかに 近づいて

「だいじょうぶ?」 って言いながら

頭をヨシヨシ 撫でてあげてるし。




姉妹のトラブルで

まのが あまりにも やられっぱなしなので

一度

「まのも いちちゃんに やり返してやりなさい」と けしかけたら

泣きながら イヤだ を連発するばかりで

実際今日まで 一度もまともに

いちには やりかえすこともなく。




今年のいちの誕生日に

いちが 自転車を買ってもらったことにも

自分も 4歳のお誕生日に買ってもらう ってことで

すっかり 納得してくれているし。

(絶対ゴネると思っていたんです。私なら100%ゴネてるだろうし。)




早速 プレゼントで遊ぶ まの



真花には

私にはない いいところがたくさんあって

私の方が 教えを乞いたくなることも しばしば。




どうか そのままに

今の この 真花のままに

のびのびと 大きくなって欲しいのです。




ケーキ大好き かなり甘党なまの




まのちゃん 3歳 おめでとう。

次の1年も

かわいい笑顔の すぐそばで

あなたの いいところを たくさん 感じていける

そんな1年に なりそうです。

2011.09.25 *Sun

姉妹の内剛外柔

暑さ寒さも彼岸まで とは よく言ったもので

空気がすっかり 秋ですね。

暑いのが 精神的に苦手で

寒いのが苦手な 肉体的に苦手な

私にとって この時期は

数少ない 心地よい季節のうちの 1つだったりします。




そんな嬉しい気候に つい 居ても立ってもいられず

今日は ちょっとだけ 遠征して

家族で ピクニックじみたことを してきました。




一花 気持ちいい4歳の秋の日の一コマ

真花 3歳直前の心地よい秋の日の一コマ

うちの子どもたちは

「ピクニック」という言葉が大好きで

私がそれを口にした途端

大喜びの小躍りで 始終 上機嫌。

それでこそ 連れて行ってあげる甲斐がある ってものです。




お昼ごはんを済ませた後

いち まの お待ちかねのアスレチックで

とっても嬉しい二人の姿を

たくさん見ることができました。

お手手をつないで・・・その1


お手手をつないで・・・その2


お手手をつないで・・・その3




この頃では 家じゃケンカもチラホラな娘たち。

まだまだ いちが強くって

まのは しょっちゅう 泣かされてるのだけど、

家を出て 外遊びのときには この通り。




気持ちのいい秋空と

仲良しな我が娘たち

心地いい 組み合わせです。

2011.09.09 *Fri

幼稚園プール

前回の記事では いちのBDに嬉しいコメントを

ありがとうございましたm(_ _)m

それも 懐かしいみなさんばかり!

赤ちゃんの時期に それぞれの成長の記録を

共有してきた 仲間のような方達からの

お祝いの言葉が 本当に嬉しかったです。

すでに十分遅くなっていますが

リコメは必ずさせていただきますので

もう少し お待ちくださいませm(_ _)m




毎週金曜日はほぼ毎週 いちの幼稚園ではプールの日。

GW明けごろから始まったのですが、

保護者のプール見学は 参加自由。

基本的には 毎回欠かさず まのと見に行っているんですが、

今日はようやく カメラ持参で行くことができました。

見学に行くのにも 少し慣れて

カメラという荷物もプラスして持つ ゆとりができたこと。

見学に来た 他の保護者の手前

貪欲に 写真を撮るわけにもいかず、

そのあたりの空気を 把握してからにしたかったこと。

そんな理由からだったりします。




今日は何をするのかな?


いちは 幼稚園のプールが大好きです。

顔に水がかかるのを ものすごーくいやがるくせに

それでも 楽しいんですって。




担任の先生、副担任の先生のほかに

プールのコーチもついて

結構 本格的にやってくれます。

プールの中でしゅっしゅっぽっぽ♪

遊び はんぶん。


いちがお顔をブクブクっと沈められるのはいつのことやら。。その1

いちがお顔をブクブクっと沈められるのはいつのことやら。。その2

本気 はんぶん。 ・・・な 分量で。




顔を水に沈める練習を しているところなのですが、

お手本を見せてくれている 担任の先生の姿を

じっと見つめ、

自分じゃ 決して やらない いち。

どうにか 

あごのみ浸けるので

プールの横断ノルマを 免れておりました(苦笑)。




でもね、

このいちのクラスの担任の先生っていうのが

あごを水面にかすめて精一杯な いちの頭を

その度に なでてくれるんですよ。

優しいなぁ。。。

いちが この先生のことが大好きなわけが

ちょっと分かった気がした

本日のプール見学でした。




トイレに向かう いち


ちなみに まのは

この いちのプール見学の間

ガラス越しの 2階の見学室にて

始終 しゃべり続け、

おしゃまな 2歳児全開で

ママたちから ずいぶん可愛がってもらっていました。


*** admin ** NewEntry ***

プロフィール

そよ子

Author:そよ子
2007年9月生まれの一花(いち)と
2008年10月生まれの真花(まの)
年子姉妹の子育て真っ只中。
それぞれがどんな子に育って
くれるのかを楽しみに
頑張っています。
娘たちのこと、主人のこと、
私自身のこと、
楽しく綴っていきたいと思います。



訪問してくれた皆さんへ

●当ブログの全ての写真画像や動画を 全部、一部を問わず無断で複写、 転載することは禁止させていただきます。 ●現在、皆さんからのコメントにお返事が まったくできておりません。 ごめんなさいm(_ _)m いつも大変嬉しく読ませていただき、 私の活力の源にしています。 当面の間、こちらからは皆さんの日記への 訪問、応援のみの身勝手をお許しください。 年子育児が軌道に乗り次第、 改めていけたらと思います。 ご理解をくださいますよう、 よろしくお願いします。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



オンラインカウンター

ご訪問 ありがとうございます♪

現在の閲覧者数:



エディタ

edita.jp【エディタ】



フリーエリア

クリックで救える命がある。









ブロとも申請フォーム

申請 お待ちしております!

この人とブロともになる



QRコード

QR



一花&真花はね・・・





真花の成長



一花のスライドショー



一花のアルバム



けめおのアルバム



記念日チェッカー

Lilypie - Personal pictureLilypie Kids Birthday tickers Lilypie - Personal pictureLilypie Fifth Birthday tickers Daisypath Anniversary tickers Lilypie Kids Birthday tickers Lilypie Kids Birthday tickers



グリムス



Blog Album



Copyright © only one flowers All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
      
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

パパとママのたからもの☆ by SOYOKOさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー